スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
10月に入り
10月に入り釣りのお客さんも戻ってき始め

磯場の様子が気になりだす。


この時期といえば尾鷲人はイガミ(ブダイ)釣りに

勤しみ出す方が多く、イガミ釣りは尾鷲の風物詩のような物であり

イガミ鍋は癖があり、好き嫌いがあるようだが私は好みである。



スーパーの店頭なども鍋具材が見え始め

ウチもそろそろ鍋を始めようと考えているが

とりあえずは自分で釣って来てからにしようと思う。


しかし、あいにくまだ餌が入荷されず

期待だけが膨らむ。


アオリイカの新子も磯場周りにはいるので

イガミ釣りの合間に狙うと面白いのである。


さて、今年はどんなつり方をしようかと

悩むのも楽しいものである。


スポンサーサイト
【2007/10/04 20:11 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
デカイカに恵まれず・・・
GWも明けようやく落ち着いてきました。

昨夜は久しぶりに仕事が終わってからエギングに出掛けてきた。

釣り場に着くと一組ヤエン釣りをしており少し離れた所で始める。


しかし昨夜はウネリと先日の雨のせいか川からの流れが強く

普段とは違った海模様である。

海面にはベイトもでており、それを捕食するシーバスの姿も

見られず、アオリイカ釣りには好条件である。


しかし、最近活きアジへのアタリが強く

エギには乗らないと言う周りの意見も聞いており

近くでヤエン釣りをしている人もいるので期待せず

シャクリ始めた。


ウネリで藻が動かされているのか良くもに絡まる。

何度も投げては藻に絡まり、巻き上げの繰り返していると

エギまで釣れて来た。

2007-05-07-01.jpg



懲りずにシャクリ続けていると飛びつく様な

アタリが出たが引きがなく確実にタコのアタリである。

2007-05-07-02.jpg


今年はタコが多いのか良く掛かってくる。

その後スグにギュンと引っ張られるアタリが出たので

慌ててあわせるが乗らず、何だったのか気になりながら

エギを変えながらも同じ所を攻める。


夜も更けウネリも落ち着いてきた頃に

ようやくアオリイカのアタリが出るが小さい。

取り込んでみると600g程であった。

2007-05-07-03.jpg


近くにまだ居ないかと探るもアタリは出ず

諦めて帰る事にした。

今年の春イカは活きアジばかりに掛かる。

エギに喰らい付くデカアオリイカは居ないのだろうか???
【2007/05/08 14:03 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
目を疑う・・・
昨夜、将軍からの帰り際にマスターと

「はまや」で蕎麦を食べていた。

すると、大将が

「チンチロ釣りにこれから行かへんかな?」

と、又言い出し始める。

最近ココに来るとチンチロイカ釣りの話ばかりである。


明日は朝の仕事も休みなので一緒に付いて行く事にした。


「はまや」が終ってから出掛けたので

時間は午前2時を廻っており、酔っ払ってもいるが

大将の横でアオリを狙おうとエギングを始める。


しかし、低気圧の影響で風が吹きっぱなしで

エギングにならない・・・

諦めて大将の様子を見るがアタリも出ず

午前4時半頃帰り支度を始める。


車に道具を積む為、ロッドをハッチに立て掛けて

少し離れた隙に急に強い風が吹き

ハッチが風に煽られ閉まった。

閉まったハッチに一瞬目を疑ったが

どう見てもロッドがハッチに挟まれている・・・


慌ててハッチを開きロッドを確認するが

幸い折れてはいなかったが1cm程の傷が付いていた。

カーボンロッドにとっては致命的で

高負荷が掛かった時にはこの部分から

裂けてしまうであろう・・・


昨夜は暗闇での確認であったが

今朝になって明るい所でマジマジと見るのも恐ろしく

嫌悪を感じ傷跡をなかなか見る気になれず

後悔の念が立ち込めている・・・
【2007/04/19 15:15 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
チビアオリ、ミニアオリ、プチアオリ・・・
今日はお昼前からH君とアオリイカ釣りに出かけた。

今回は引本周辺から須賀利にかけての

新たなポイント探しである。


誰も狙っていない釣り場を探すというのは中々大変であり

しかも、車から降りてスグなんていう好条件は

中々見つからない。


行きの車の中で「今日こそは3kgを!」と

意気込むが日曜日と言う事もあり

どこも釣り場は人で一杯である。


引本の小さな堤防が比較的空いていたので

シャクリ始める。

しかし小さいアオリイカが付いて来るので

見えイカで遊ぶも遊ばれている感じである。

チビイカで遊んでいる場合ではないと移動する事にした。

矢口の林道に入り作業船等が係留されている所に入る。

足元に墨跡もなく少し期待しながらキャスト始めるが

アタリは無く近くを転々と釣り歩いてみるが

何処もアタリは出ず次に移動する。

このまま須賀利まで林道を走るか引き返して

白浦から攻めて行くかと言う話になったが

H君はこの林道を走った事が無いので

このまま須賀利まで行ってみたいと言い出した。

しかし、H君の車は乗用車なので林道の様な

不整路は気を使いながら走る為

ゆっくりと車を進めて行く。

延々と林道を走り時々景色の良い所で休憩しながら

無事須賀利へ辿り着いた。


須賀利も人気ポイントなので人がたくさんいるが、

空いている堤防の先でシャクリ始める。

浅瀬であるが藻場の上を攻めていると

引っ張られるようなアタリが出たが

引きから見てチビイカである。

引き上げると400g位で持って帰ろうかと

2007-04-15-01-0.4.jpg


悩んだが次なる大物に備え余裕でリリースする事に・・・

ここも小さい型が多い様なので

空いている釣り場を探し移動する。


オバサン達が二人で釣りをしている所の横でシャクリ始める。

深さがかなりあるので中層から攻めていると

ゴツっとアタリが出る。

しかし、引きから見てまた小さく

先程と同じ位のチビアオリであった。

2007-04-15-03-0.3.jpg


今度はボトム周辺を攻めていると何かが掛かった様子。

引き上げるとエギの大きさと変わらない程の

更に小さいチビアオリであったのでそのままリリース。

2007-04-15-02-0.2.jpg


それからも再びシャクリ始めるが私にもH君にも

掛かってくるのはチビアオリばかりなので

場所を島勝へ移動した。

しかしこの辺りは未開拓地はないので堤防を狙う。


赤堤防ではキス釣りの人とヤエン釣りの人が二人いる。

しばらくしてH君にアタリが出た様で

400g位のアオリイカが掛かっていた。


私の方も負けじと大物を期待しシャクルも

一向にアタリすら出ず諦めて今度は白浦へ移動した。


赤堤防側は人も多くいるので白堤防側に向かう。

テトラポットの上から藻場の間や上等の

浅瀬を攻めるが反応は無く、早々に引き上げてた。



時間も5時を回り、持ち帰り用のアオリイカを釣る事にし

今度は大敷の網干し場へ移動する。


ここは雨藻が生えているので大型の期待感も上がるが

墨跡が殆んど残っていないので釣れない様な気もする。


攻め方やエギを変えながら、

しつこくシャクッてみたが反応は無く

とうとう大物の姿を見る事無く

本日の釣行は終了してしまった。


あぁ~一体3kgのアオリイカは何処にいるのだろう・・・

【2007/04/15 19:19 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
粘ってはみたが・・・
今日は急にお客様が引き上げる事となって

夕食の要らないお客様のみとなったので

夕方からエギングに出掛けた。


近くの堤防に出掛けると

馴染みのヤエン釣り師が二人居座っていた。


釣果を聞くとアオリイカの小さいのが二杯と

ヒラメに二回ほど持っていかれたらしいが

獲れなかった様である。


その他にもエギングをしている他所の人が一人がいて

800g程のアオリイカを私が着く前に揚げていたらしい。


ヤエン釣り師達と話をしながら隣でシャクリ始めるが

アタリは無くしばらく話し込む。

日が暮れかけた頃、ヤエン釣り師達も諦めたのか

帰り支度を始め、引き上げていった。

週末というのに今日は人が少なく

釣り場には私一人となった。


すっかり日も暮れヘッドランプを用意し

シャクリ始めると沖目でようやくヒットする。

しかし、ラインの引き出しが少なく型は小さい。

引き上げてみるとアオリイカの500gであった。

2007-04-14-0.5.jpg


次こそデカイ奴を!と気合も入るが

当たらずメゲかけているとエギング仲間の

Sさんがやって来た。

しかし、手にはアジバケツを持っており

今日はヤエン釣りをするようだ。


話し好きのSさんの仕掛けを作る傍で最近の釣果等を

喋くっていた。

ベイトの姿もたくさん見えこれからアタル様な気がするが


時間的には9時を廻っていたので、

遅い時間にアタリの出易い場所に移動する事にした。


しかし、アタリは無く諦めていると

四日市の友人が尾鷲に着いたとメールがあり

様子を見に来るとの事。

それまでに何とか一杯でも獲りたいと思い

場所、エギをこまめに変えるが反応は無く

もう、彼是と手を尽くし果てていた。

メールがあってから1時間程してから彼がやって来て

近況の話などしながら休憩する。

彼は明日は法事で釣りをしていく暇はないらしく

せっかくなので彼もエギングの用意をする。

その後1時間程シャクリ続けたがアタリの無いまま

断念する事となった。

【2007/04/14 23:55 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今日は小さいアオリイカのみ・・・
昨夜は夕食のいらないお客さんばかりだったので

夕方からエギングに出掛けた。


海面にベイトの姿は無く余り期待も出来ないが

黙々とシャクリ始める。


転々とポイントを変えてみるが反応はなく

その内一人、二人とエギンガーがやって来た。


日も暮れこの時間にアタら無ければ

次は日付けの変わる頃まで期待できないだろうと

考えながらシャクルと竿にガツンっと衝撃が来て

リールからラインが引き出される。

しかし、ラインの引き出し量からみても小さく

引き上げると400gのアオリイカである・・・

2007-04-12-0.4.jpg


今日は7時半から友人と約束があるので

これで諦めて帰る事にした。


ここ最近小さいサイズばっかりでうんざりしてしまうなぁ・・・

ソロソロ3kgとは言わないが2kgは釣りたいところである。


【2007/04/12 23:53 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
チビアオリが・・・
昨夜も仕事が終わってからエギングに出掛けた。

いつものポイントに着いて三投目でアタリが出て

重量感が竿に圧し掛かると同時にラインが引き出される。


ひょっとしたらと言う期待はすぐに打ち消され

ラインの引き出し量から見てもそう大きくはなく

引き上げると600gであった。

2007-04-10-01-0.6.jpg


幸先良い釣果に釣れそうな予感を感じ

ロッドを振る力も入る。


幾度とポイントを変えながらシャクっていると

ガツンと根掛の感触があり、それを外そうと

指でスプールを押さえ力一杯何度かシャクっていると

ようやく外れたので藻が絡まっていそうなので

巻き取ると、小さなタコが引っ掛かってきた。

2007-04-10-02.jpg


タコにもメゲずポイントを変えながら

引き続きシャクリ続けていると引っ張られるアタリが出た。

竿から伝わる感触ではアカイカだろうと

さっさとに引き上げると200gも無いような

小さなアオリイカであった。

2007-04-10-03.jpg


その後もアタリは出ず、時間も12時になろうとしており

もう諦めて帰ろうと思っていると、そこへY本君がやって来た。


何処かでエギングをした帰りなら釣果を聞こうと

聞いてみたが、暇つぶしに家から来たと言う。


もう少し粘る事にしたが一向にアタリは出ず

諦めて帰る事にした。


ソロソロ2kgサイズが欲しい・・・


【2007/04/10 23:35 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今日はプチ遠征
最近は近所の岸壁でのエギングばかりだったので

今日はお昼の空いた時間を使って

H君とプチ遠征に出掛けた。


まず九鬼の網干し場に向かった。

先客が2人入っていた様でこちらに向かってくる。

すれ違い様に釣果を聞くがアタリも無かった様である。

kuki01.jpg


我々も期待せずシャクリ始める。

ベイトの姿も見えず期待も更に薄まり

次のポイントへ向かう事にした。


早田のマナイタへ着きゴロタへ出る。

manaita01.jpg
manaita02.jpg


ここは藻が多く期待できそうなのだが

しかし、浅瀬が続くここでは全傘のエギしか

持っていない我々は藻に引っ掛かってばかりのなので

場所を移動する。

三木里のビーチに着くと風が強く吹いており

エギングは出来そうに無い。

mikisato01.jpg


先端で3人ヤエンをしているので様子を見に行くが

釣れている様子は無く次の場所へ移動する事にした。


須野に付きロケーションの良さにしばらく見とれる。

suno01.jpg


海の透明度も高く綺麗で近くのゴロタから地磯に掛けて

攻めてみると小さなアオリイカが掛かってきた。

2007-04-08-01-0.2.jpg


H君の方にもアタリは出ている様だが乗らない様子で

私もH君の近くに移動してシャクリ始める。

小さなアオリイカが付いて来るのが見え

しばらく足元で遊ぶが逃げられてしまった。

深場を中心に引き続きシャクルが反応は無く

ここは諦めて次に移動する。

今度は楯ヶ崎の下の敷石の所でヤエンをしている人が

結構いるので、降りて様子を見るが

釣れている気配は無く、我々も藻場の先を探るが

アタリは出ない。


「アジにもエギにも反応無いって事は

 おらんのかなぁ???」

等と話しながら諦めて次の場所へ向かう。


遊木の埋立地へ入ろうとしたが工事の為か

封鎖されており、時間も3時前と言うこともあり

今日はこれで諦める事にした。

帰り道に次回の為、降りれそうなポイントを

探しながら車を走らせる。

H君は夜もエギングをする様で張り切っていた。


店に戻り夕食の準備をするが

お客様の都合で帰宿がかなり遅れると連絡が入ったので

時間も余ってしまった事だし、

H君と合流しようと思い連絡を入れる。


先に着いた私は一人でシャクリ始める。

すると何かが引っ掛かってきた様で

小さなタコか藻だろうと引き上げると

またまたエギより小さい「ミミイカ」であった。


最近私によく「ミミイカ」が掛かってくる。

2007-04-08-02.jpg


他の人は殆んど釣る事無いのに・・・

すっかり「ミミイカマスター」を

習得してしまった様である。

しばらくするとH君がやって来て釣果を聞くので

「もう、一杯獲ったで!3kgのミミイカ・・・」

と写真を見せて笑う。


2人でシャクっている内に

私に小さく「スゥー」っと引くアタリは出るも乗らず

何度か同じ所をH君と狙うが反応は無く諦め

今夜はこれで諦める事にした。
【2007/04/09 02:49 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
リリースサイズのみ・・・
今日も仕事が終わってからエギングに出掛ける。

今日は雨降りであったという事もあり

釣り場に着くと釣り人の姿はなく

ひょっとしたらという気持ちでキャストする。


三投目を手前まで巻ききった頃アタリが出る。

しかし、大して引きも弱く

「アカイカか?」と思い引き抜くと

300g程のアオリイカであった。

2007-04-07-01-0.3.jpg



リリースしようとした時、丁度H君がやって来た。


H君は仕事帰りに様子を見に寄っただけで

道具は持っておらず、私の横でジッと伺っている。

そろそろプチ遠征にでも出掛けようかと話をする。


H君は明日仕事が休みと言う事もあり

私も朝の仕事が終われば夕方まで時間があるので

天気も良さそうだし熊野の方まで出掛ける事にした。


日中エギングは久しぶりだがポイント開拓なので

釣果は期待出来ない分、出来るだけラン&ガンで

たくさん廻りたいと思うが、あまり人の入らない

ポイントも魅力である。

これから週末はポイント探しも良いかも知れない等と

妄想が湧いてくる。


明日に備えて今日は早く切り上げた。

【2007/04/08 00:19 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ボウズ・・・
今日は仕事が終わってからエギングに出掛けた。

しかし、時間も遅いせいか釣り場には

ウキ釣りの釣り人が一人。


話し掛けるが釣れている様子はなく

離れてシャクリ始めるとウキ釣りの人は帰り、

その跡を狙うもアタリは出ない・・・


休憩しているとKさんがやって来てシャクリ始める。


横で話をしながらタラタラとシャクルがアタリは出ず

諦めているとH君がやって来た。


今日も駄目だろうと話しながらシャクっていると

Kさんにアタリが出た。

しかし、アオリイカの引きではなく

アカイカであった。


もうこの際アカイカでも良いやと言う気になってくるが

こちらには反応は無い。


そこへY本君がやってきた。

彼は熊野へエギングに出掛けていた様で

2.3kgを獲ったと言う・・・


皆話を聞いてやる気を出したのか黙々とシャクル。


するとY本君にアタリが来たようだ。

引き抜くと400g程のアオリイカで

キープするのかと思いきや余裕の彼は堂々とリリース。

皆で「2.3kg獲って来た人はよゆうやなぁ」と

冷やかし、皆次は自分だと言わんばかりに

シャクル音も張りが出てくる。

しかし、続かず、Y本君とH君は帰っていった。

私も帰ろうとしたがKさんはまだ粘るようで

ボウズで終るのも悔しくもう少し付き会う事にした。


エギを取替えひっかえするも反応はなく

釣れる気配が感じられない・・・

時間も12時を廻りさすがに疲れが出てきたのと

冷え込みに退散する事にした。
【2007/04/07 01:58 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。