スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
再びバイク熱が・・・
尾鷲周辺は漁業も林業も盛んな所であり、

山にはいくつもの林道が整備されています。

私が林道を走る時は、魚釣りで地磯に出かける時ぐらいですが、

まぁ、乗用車で入れる範囲でしか利用した事ありません。

林道は意外な所に繫がっていたり、なんといっても景色が綺麗である。

住み慣れた町も、初めての場所から見ると新鮮であったり

意外な景色に感動すらすることもあるもんです。


私の所属する「ライドオン」ツーリングクラブは5年前まで

隣の海山町の速水林業さんの大田賀山林で、

8時間エンデューロレース

運営しておりました。


このツーリングクラブには、もう一つ

チーム ウィリー

というオフロードの集まりがあり、

これが実行委員会になります。


実際はもうオフを乗っている人も少ないので

私も5年ほど実行委員をさせて頂いたのですが、

実際オフロードに乗った経験はなく、

この頃から、

「いつかはオフ車を自分で買って林道を走ってみたい」と

思っていたのです。


でも、実際は車も持ってオンロード(大型)を持って

「更にオフ車が欲しい」

なんてとても家内には言い出せず、

諦めていました。


離婚してから、バイクもあまり乗らなくなり処分しましたが

最近になって又、バイク熱が出てきたようで

何か買おうか悩んでいました。


最近のバイクは何故か魅力を感じず、乗りたい気持を

紛らわすかのように、オフでも乗ってみようかと思い

知り合いのバイク屋に中古の安い物を探してもらう事に。

でも、オフ車も最近新しい型も出てなくて

なかなか中古もないらしく、見つからない。

まぁ・・・気長に待つかと思っていると

知人から


「速水林業で使ってるオフ車で良かったら乗ってみるか?」


と言う、吉報が舞い込んで来た。


とりあえず、ボッコ(尾鷲弁?オンボロの事を言います。)

は覚悟し、初めてだしパワーも要らないし、

オフの感覚に慣れるのが先決だと思い

ありがたく頂く事にした。


知り合いのバイク屋と一緒に、バイクの確認に行くと、

思っていたよりは程度もよく修理費も掛からずに済みそう。

xlr200.01.jpg


バイク屋に

「エンジンどう?」って聞くと、

「付いとるなぁ・・・」と答えて欲しかったのだが


バイクに跨ると何度かキックをし

問題なく掛かった。エンジンも問題なさそう。


後日バイクを引き取る事にし

修理箇所を確認しヘルメット等の用品を注文する。

手元に来るのを楽しみに待っていた。


しかし一週間経っても連絡が来ないので、

問い合わせてみるとメーカー欠品で納期未定との事。

違うヘルメットにしようか相談するが

差し当たって急ぐ事もないので待つ事にした。


オフ車の修理は終わっているとの事なので

バイクだけ取りに行く事にし、バイク屋に向かう。


このバイクはセルが付いていないので、

キックで掛けようとするが、慣れない私は

なかなかエンジンを掛けれない・・・


5分ほど練習するともう2.3回で掛けれるようになったので

バイク屋を出て家に帰ることに。


やっぱりオフ車は軽い!!!

で、もって意外とパワーもある。

しかしトルク感がないので林道の登り等では

回して行かなければ失速しそう。


はて、不正路に馴れていない私が

アクセル全開で林道を走れるだろうか?

コケて怪我するのがオチだろうなぁ・・・

等と要らぬ事を考えながら、ふと景色に見とれる。


セパハンのオンロードとは違いシート高も高く、

視線も高く、視野を広く取れるので

オンロードとは違う景色を楽しめる。

スポーツカーから大型のトラックに乗り換えたような感覚である。


久しぶりに風を感じながら走るのは気持良いものである。


とりあえず、近くの林道に挑戦しよう!!!


何故か少年のような冒険心が芽生えてきたようだ。



しばらくは こいつが相棒だな。

スポンサーサイト
【2006/07/15 13:48 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
あぁ~夏休み!!! | ホーム | 春イカあきらめず・・・
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。