スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
今日はオフ車で近場の林道をブラブラ
今朝は良い天気で、風も少しではあるが涼しく感じられたので

久しぶりにオフロードバイクに乗る事にした。


どこに行くか悩んだが、以前バイク仲間のA君が

「クチスボダムの入口の林道入っていくと滝がある」と

言っていたのを思い出しとりあえず行って見ることにした。




久しぶりにバイクに乗るがやはり気持良いもんである。


でも、このオフロードバイクに乗り出してから

感じている事だが、私にはのんびり走る方が性に合っているのかも

しれない。景色を見るのも楽しいし、細やかな物も目に入る。


実は今まで無理をしていたのかもしれない。

マイペースの感覚がかなりスローなものになっているのだろう。

周りから「年のせい」と言われればそれまでであるが、

自分自身の中に葛藤があるのも事実である。


R425を奈良県方面に10分ほど走ると

クチスボダムが見えてくる。ここに林道の白椿線入口がある。

sirotubaki01.jpg


A君が言っていたのはここの事だと思うが自信は無く

林道に踏み込むが最近の雨のせいか、林道を雨水が川のように

流れたようで道が荒れている。


少し不安であったが、「諦めては先に進めず」と走り出す。

やはり私の腕ではまだまだ厳しいようだ。

車体が大きくスリップしてしまう度に、つい立ち止まってしまう。

勢いで登っていかなければならないのは頭では解っているが

恐怖心がつい出てしまうのだ。


石がゴロゴロ転がっている道は難しいなぁ・・・


ヨロヨロしながら走っていると小さな滝が見えてきたが

ここで道が途絶えている。

sirotubaki02.jpg



「これがA君の言っていた滝か?」と見物しながら

休憩する事にした。

sirotubaki03.jpg


およそ落差20m幅1mほどの小さな滝であった。


こちらは反対側↓

奥に見える山の上の方に林道が見える。あの道も気持ち良さげである。

sirotubaki04.jpg


帰りはずっと下りであるが、これまた勾配がキツイ

しかし、何となく体が慣れてきたせいか、

あっという間に国道まで降りて来る事ができ

「こんなに近かったっけ?」と思うほどであった。


まだ時間も早いので海山方面にバイクを走らせる。


ダム下の川には渓谷があり、景色が相変わらず綺麗である。

もう9月半ばなので泳いでいる人はいないが、

キャンプしている人は何件かいるようだ。

uotobj01.jpg

uotobi02.jpg


都会の人からすると良いロケーションなのだろう

川に下りるのも簡単だし、近くに民家もあり安全である。

この辺りまで私の家から約20分程である。

まだまだ時間があるのでもう一箇所林道に入ることにした。


次は尾鷲トンネル手前の所から入る小山線である。

ここは途中に熊野古道の馬越峠の中腹辺りを交差する林道である。

この林道は林業のトラックや土木工事の車が入る林道なので

非常に走りやすい林道である。


こんな私でもついアクセルを開けてみた。

調子に乗って走っていると以前携わっていた

海山8時間エンデューロレースの実行委員の頃を思い出した。

速水林業の林道もこんな感じの良い林道である。


レース中の選手の方々を見ながら「私もいつか走りたい」と

思っていた感情が甦って来る。この辺りから妄想に切り替わり

気分はレーサーである。

歩いている古道客、森林組合の方達、何か調査している人達が

ギャラリーに見えてくる。(ハタ迷惑な奴である。)

見晴らしの良い所が見えてきたのでここでPit in。

oyama01.jpg

ここからは妄想の世界から戻り走り始める。

しかし、ここも道が途絶えていたので諦めて

引き返さなければならない。

oyama03.jpg


帰りはのんびりと先程の方々に頭を下げながら国道まで戻ってきた。



今度は長い林道に挑戦したい・・・でも不安だらけである。


スポンサーサイト
【2006/09/10 14:47 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
八幡神社祭礼準備③ | ホーム | 八幡神社祭礼準備②
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。