スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
熊野古道 八鬼山越えをしました。
今日は前回雨で登る事が出来なかった為再び八鬼山越えにチャレンジすることにした。しかし天気予報では快晴との事であったが、どんよりと曇っている・・・天気予報を信じて登る事に!!!歩き始めるとしばらくは綺麗な石畳が続く歩き易い道であるが、残念な事に周辺の岩や木に世界遺産に対する抗議の文章がペンキで落書きされている。しばらくその落書きを見ながら歩いていると景色を見て無い事に気付き、まったく惜しい事をした。ここは昔、狼や山賊が出没しここを通る人々を苦しめた西国一の難所と呼ばれていたそうである。その為行き倒れた人や馬の供養碑が建てられている。やがて中でも一番の難所七曲りに差し掛かった時あちらこちらに地蔵さんが置かれていることに気付く。後で調べると昔は50体あったそうだが現在は落石などで割れてしまったりして山頂まで33体残っているとの事残っている物も損傷が酷いがある。何とか登りきると荒神堂が見えた!!ここでお参りし一服する事に・・・
kousinndou.jpg

しかし荒神堂もかなり老朽している・・・再び歩き出すと。まだまだ登り道は続く・・・登りきった所で九鬼に降りる道と三木里に向かう道に分かれている。昔はここに役場が在ったらしい。それ程この道を利用する人が多かったと言う事なのだろうか?少し休憩を取る事に。もう汗でズブ濡れである。正直これほどキツイとは想像していなかった。この辺りに来ると落書きも無く落ち着いて自然を鑑賞することが出来る。体力を回復させ再び歩き始める・・・すると江戸道と明治道の別れ道に出た。どちらのルートを選ぶか迷ったがここは古きを重んじて江戸道へ?!こちらの方がさくらの森という公園があり海が見渡すことが出来る。しかしここにも展望所があり、寄っていく事にした。
20050607103609.jpg

下は展望所からの景色
残念ながらあいにくの天気で景色はイマイチであった。
20050607103638.jpg

景色を見ているとランナーの人が来た。この道を走るのか???私達はここまで2時間掛かったがこの方は1時間で来たらしい。とても同じ人間とは思えない。帰りも汽車で帰らずR311を走って帰るらしい。家に帰ってから呑むビールが旨い!!と言いながら彼は走り去って行った・・・恐ろしい・・・私もビールが大好きだがここまでは出来ない・・・
しばらく平坦路を歩くとさくらの森が見えた。
20050607104836.jpg

ここでしばらく休む事にする。広場になっておりここでお弁当を食べる人も多いだろうと思いながらしばらく景色を眺める。  
下の写真はさくらの森展望所から見た九鬼側
20050607105130.jpg

下の写真はさくらの森展望所から見た尾鷲側
20050607105149.jpg

休憩を終え歩き始めると今度は違う地権者の方の落書きが目に付く・・・またか・・・と思いながら歩いて行くと下り道が険しくなってきた。昨日の雨でまだ道が濡れている事と、落ち葉、鱗がびっしりでなかなか思うように歩けない。鱗を踏まないよう心がけながらゆっくり降りていく・・・十五郎茶屋跡まで何とか降りここで休憩する事に。しかし落書きの無い所は一部だけでせっかくのハイキング気分が台無しである。最後の気力を振り絞り歩き始めようやく三木里の浜辺に出る事が出来た。しかし・・・大きな立て看板が置いてある。目をやると「おつかれさまでした。しかしあなた方のおかげで私達は迷惑しております。・・・・名柄地区住民。」と書いてある。これまでは行政に対しての抗議文でしたがここに来て古道客にも抗議してくるではないか!!この地区でも古道客、世界遺産登録によって恩恵を受ける人々もいるだろう。それらを無視した自分勝手な一部の住民達の考え方に腹が立ってきた。他所から来られた人達はこの看板を見てどう思うのだろう?もう世界遺産に決まってしまった事態は簡単には変えられない。これは行政と住民の交渉であり、事情を知らない古道客にこれを訴えるのは筋が違うと思うし、彼らの表現力の無さに落胆させられる。ましてはこれらを見る方達は子供からお年寄りまで様々であり、地元に帰られてから自分の周囲の仲間や知人に話すだろうが尾鷲人に対して良い印象は持たないし、尾鷲の人が作る特産物等や尾鷲の名所にも興味が無くなるであろう。三木里も美しい砂浜がある事から集客の為に近年海岸整備に随分予算を投じて来たと思われるしバイパス工事だって進んでいる。尾鷲の中でもここ最近優遇されている地区なのに一部の人達のお陰で随分印象が悪くなるように思える。熊野古道は伊勢から高野山までの古道周辺の多くの市町村が協力している事であり、熊野古道は尾鷲だけの問題ではない事を地元の方々でよく話し合ってもらいたいものである。・・・残念!!

スポンサーサイト
【2005/06/05 23:00 】 | 熊野古道歩いてみました | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
昨日の続き | ホーム | 今日は久しぶりに自分の車を洗った!!!
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。