スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
エギング仲間とアオリイカ釣り  湯浅君現る。
今日はエギング仲間で名張在住の湯浅君が来ており、この日風が強く風裏のポイントを探して熊野の方へ行こうと誘われましたが私は用事があった為同行できませんでした。熊野の帰りに九鬼に寄った所、1kg位のが10杯ぐらい浮いており、何度も誘いを掛けるが反応が無かったらしい。普段温厚な湯浅君も余りの愛想無しに業を煮やし、エギで横から引っ掛ける荒業に出たところ、エンペラに引っかかり横に走るイカをなんとか取り込んできたらしい。この話にはまだ落ちがあるのですが、本人の為に敢えて伏せておきます。湯浅君は私の中では師匠と並ぶ上手な人である。よくユニチカのエギングフィールドテスター杉原氏に同行して沖縄や福山の方まで遠征に出掛ける強者である。
夜、店が片付いてからエギングに出掛けた。シャクルがアタリがない。帰ろうかどうか悩んでいると山本君が来た。遅い時間に狙って違う場所に行くと言う。地元ならではの情報を元に釣り場を狙うのは皆同じである。私はもう少し粘ってからそちらに行くことにし一人で黙々とシャクル・・・するとアタリが出た。タイミングを見て思いっきりシャクルと根掛りの様な重みと共にジェット噴射が来た。この瞬間が楽しい!!この間のと同じ位の引きである!!Kgオーバー確実と確信しながら取り込みに入る。計量してみると1.2Kgであった。ようやくアタリやエギの感覚が取り戻せたようである。今年の私の目標は謙虚に2Kgである。
aori-g.gif

スポンサーサイト
【2005/04/09 22:22 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
エギング仲間とアオリイカ釣り  九鬼にてエギングの奥深さ知る | ホーム | エギング仲間とアオリイカ釣り  釣ったアオリはお客様の夕食に
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。