スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
気分転換にイガミ釣りに出掛けた。
この頃気分も落ち込んでいたので釣りに出かけた。

というのも、先日E本さんから

「あんた、土曜日なんか釣りしとる暇ないわなぁ?」

という電話があったので

「ちょうど行こうかと思っとったんさ~

  何釣りどな?」

と、聞き返すと

「イガミさ、イガミ!」と言う。


ちょうど道具も新調したばかりだし

どれどれ、調子でも見にいくか!と言うことになった。


私的には渡船で須賀利か九鬼へ行きたかったのだが

E本さんは波田須の良い場所を教えてもらったので

そこに行きたいという。


「竿を出せればどこでもいいや」と思っていたので

E本さんに合わせることにし、朝六時半に出かけた。


波田須に到着するが、何せ初めての場所である。

地元の歩いている人に磯場への降り方など聞きそのポイントに向かう。


車の停めた所から見ると結構な距離に見えたが

歩き出すと道もよくわずか10分程度でポイントに着く事が出来、

これで釣れたらこんな良い所はないと思っていた。

hadasu01.jpg

ロケーションは良い。底物を狙う人が多いのか

足元にはウニ、ヤドカリ等の残骸が落ちている。

確かに掛け上がりになっていて底物も良さそう。

先程の地元の人もココはメジロのポイントだと言っていた。

hadasu02.jpg



天気が怪しくなってきたが、気にせず仕掛けを作りだす。

ふとE本さんの方を見るとロッドケースから取り出した竿には

もう仕掛けが出来ている。

先に釣る気満々だ・・・恐るべき釣り根性。

hadasu03.jpg


棚取りを始めるが深そうに見えて実は浅く、

手元の所だけ急に深くなっているようだ

棚を浅く取り深場と朝場の境目を流すもアタリはない。

潮目、溜りなどにコマメに誘ってみるが

反応はない・・・


普段、軽いエギングロッドや、ルアーロッドしか持ってないので

5,3の磯竿は重くキツイ感じる。


餌も獲られず、集中力も切れピトンに竿を掛けE本さんに声を掛ける

「場所は良いんやけど、水温がまだ高くてホンダワラに

  反応せんのかなぁ?蟹でも捕まえるかな?」


E本さんにもアタリは出ておらず、

二人であれこれ勝手な釣り持論が始まる。


そうしている間に雨が強くなってきたので諦めて納竿。

わずか三時間の釣行で残念な結果となってしまったが、

初めての場所は楽しいものである。


又次回に期待する事にする。



スポンサーサイト
【2006/09/30 22:42 】 | 竹美の釣行記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仲の良いH野さん老夫婦 | ホーム | お詫び③
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。