スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
いよいよ尾鷲市議戦(選?)始まりましたね!
選挙の告示がされ、いよいよ選挙戦がスタートされた。


今回、私は誰を支援すると言う事無く、

選挙戦と言うものをじっくりと観察してみようと思う。


朝から街頭演説の声が聞こえてくる。

しかし、誰を見ても同じ口調であり、同じアピール方法である

通りすがっただけでは誰だったか覚えていない・・・


皆、同じ事やってるなぁ・・・

と言うのが今回も一番の印象。


演説のテーマ、公約もそれぞれ議会でいつも述べているような事であり

これからの議会に期待する側としてはコレでは印象に残らず、

何やら浮遊票を獲得する為の選挙演説の様である。


政治に無関心な人の票を獲得するのは難しいもので、

人というのは何を考えているか解らず、

選挙は水物と例えられる様に面白い。


中には、ここぞとばかりに笑顔で親睦を深めようとする議員

その場しのぎの心無い言葉の掛け合い等する議員などなど

色々噂が入ってくる。


しかも、恒例の最終日には必ず出てくる

「お情け頂戴、最後のお願い演説」は聞いてても

五月蝿く、情けなくさえ思え、せっかくのコレまでの演説を

無駄にしてしまっている様にも感じるものだ。


定数16に対し19名の立候補。内、新人5名である。

現職もウカウカとはしていられない様子。


投票の仕方も見直して欲しいものである。

一人一票ではなく一人複数票(承認投票)にしてくれれば

尾鷲のような柵の強い田舎では、泡沫候補の様な議員に対し

本当の声が届くのではないだろうか?とも思えるし

更に有権者も気持ちが楽になり、

関心も高まって投票数も増えるのではないのだろうか?


選挙一つとっても色々と考える事が出来る、

悩み多き年頃になって来たと言うことでしょうか?


さてさてどうなる事やら・・・



漫談のような選挙演説が出来る様な人がいれば

面白いのになぁ・・・(笑)

スポンサーサイト
【2006/11/06 18:33 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
閲覧の皆様方へ | ホーム | イガミ釣り⑥
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。