スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
熊野古道センター見学
2/10にオープンされる熊野古道センターを

一足先に見学してきました。

まだ、準備の真っ最中と言う感じで業者の方や

管理者の方達が忙しそうにしている最中

少し申し訳ない気持ちになりましたが

御好意に甘んじました。

2007-01-23-02.jpg


2007-01-23-03.jpg


外観はやはり尾鷲檜材を6500本も使っただけあり

駆使したものだけあり壮観なデザインです。

2007-01-23-14.jpg


2007-01-23-15.jpg


檜材には各自刻印のプレートが付けられており

何処の山から出してきた物か判る。

2007-01-23-11.jpg



材木同士はこの様な器具で固定されているようです。

2007-01-23-10.jpg


中に入ると思っていたよりかは狭く感じられたが

天井が高いので見上げると気持ちが良い。

2007-01-23-04.jpg



調理の出来る研修施設もあり、見せてもらうと

何とも羨ましい機器達がピカピカと光っている。

器も高価な「尾鷲わっぱ」が用意されており

お皿には古道の石畳をイメージした

模様が焼かれており

少し贅沢なような気がした。

2007-01-23-12.jpg


2007-01-23-13.jpg



館内の電気供給はソーラー発電によって

補われている様である。

2007-01-23-06.jpg


展示棟はまだ業者の方が飾り付けと

機器の調整等を据付ており映像ルームしか

見せてもらえませんでした。

2007-01-23-07.jpg


2007-01-23-09.jpg



2007-01-23-08.jpg


一応100人収容らしいですが

80名程度で丁度良い様である。


展示棟の図書館はまだ見せてもらえませんでしたが

古文書等が展示されるようです。


また、スタッフの人数が少なさに驚いた。

オープンまであと僅かなのに来客の対応等

に不安も感じる。


館内を一廻りし、5月オープン予定の

地域振興ゾーンの方へ足を運ぶ。

2007-01-23-16.jpg


棚田から眺める尾鷲湾の景色はなかなか良く

温浴施設が出来れば是非入ってみたいと思わせる。

2007-01-23-18.jpg



まだ建物も出来ていないので見所はありませんが

ここでは商業目的の事業展開が予定されており

尾鷲周辺の特産物や加工品が販売される予定なのだが

これが市民の疑問を導いている原因の一つである。


この事業にとらわれずこれからの尾鷲市は

レジャー産業に取り組める体制作りをして欲しいと思う。




スポンサーサイト
【2007/01/23 15:01 】 | 東紀州の事 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ヤーヤ祭りの手踊り練習が始まった。① | ホーム | 第20回磯釣り大会!
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。