スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
エギング仲間とアオリイカ釣り  九鬼にてエギングの奥深さ知る
今週はまだ一杯も獲れていない・・・大谷師匠と相談しこの間の湯浅君の話を思い出し九鬼に行って見ようと言う事になった。確かに1kg位の奴が10杯ほど浮いている!!師匠と二人で我先にとシャクルが反応が無い???どうしたものか・・・今度は反対側の深みを狙う・・・師匠アタリがあった!!よく引いているkgオーバーは確実やなぁと思いながら取り込むと1.5kgであった。!!しばらくシャクッテいても反応がない・・・(ここは手前5m位は敷石になっておりその先は急激に深く落ち込んでいる所でこの時は潮も引いており膝位の水位しかない状況でした。)休憩しようと思い手前までエギが来たので巻き上げようとしたら敷石落ち込みから黒い影が出てきました。一瞬イカだと思わず、何だ?タコなのか?変な奴が現れた!!とドキドキしてしまいました。しかし際まで5m程しか無い上に水深もなくフォールも出来ません!!どうしよう!!何をすればいいんだ!!不自然な動きをすれば深みに戻ってしまう!!チキショー絶対捕ってやる!!緊張の余り声も出ません・・・もう考えている余裕も無く駄目元で小刻みに2回ダートさせ出来るだけステイさせてみるとまだそのまま追って来るではないか!!エギが際に着くのが早いか?イカが抱くのが早いか?の勝負になり手前1m位の所で何とか抱かせに成功し余韻に浸りながら合わせました。このやり取りは私にはすごく長く感じられましたが、師匠は横目に何を遊んどるんや?という表情でした。しかし私はテクニックが足らんなぁとツクヅク感じられ今後は小技も覚え練習します。とにかく経験ですね!計量してみると1.4kgと師匠にはかないませんでした・・・ aoriika.gif

スポンサーサイト
【2005/04/14 22:23 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
エギング仲間とアオリイカ釣り  痛恨のバラシ!! | ホーム | エギング仲間とアオリイカ釣り  湯浅君現る。
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。