スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
地産地消
この時期になると観光で見えられる方も増えてきたので

メニュー構成を変えている。

せっかくなので当地料理を味わって頂きたく

出来るだけ旬の物を提供出来る様にしているので

仕入れコストは上がってしまったが

今までとは違う食材を扱うのは楽しいものである。


料金設定も見直さねばならないのだが

当面は据え置きでいこうと考えている。


揚げ物、焼き物(煮付けかいずれか)、煮物、和え物、

刺身三種(9~10カン)香の物、汁物、焼き貝等

今までよりも高価な物や珍しい物を取り込むようにした。


何か良いものでもないかと魚屋に出かけると

オニ海老がたくさん入っており、

天婦羅にしても美味しいのだが刺身にしようと思い

シビ(トンボ)、イサキ、オニ海老、サザエを買った。

帰りにスーパーでマンボウを買って和え物(ヌタ)に

する事にした。

oniebi01.jpg

oniebi02.jpg


オニ海老はボタン海老ほど甘くはないものの

結構地元でも評判は良く私も好きな海老である。


20070424205019.jpg


マンボウはわけぎと酢味噌にマンボウの肝を和え

ヌタにして食べる。

最近は干物なども売られるようになってきた。


是非、新鮮なオニ海老もマンボウも御賞味下さい。

スポンサーサイト
【2007/04/23 20:20 】 | お店のこと | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
頑張れ!「夢古道おわせ」 | ホーム | 目を疑う・・・
コメント
----
makoyanさんへ
おに海老は見た目の甲羅がイカツイからでしょうかねぇ~
トンボはトンボシビというマグロの仲間でビンナガとも言います。http://www.pref.mie.jp/OKENMIN/HP/ichigyo/kyounosakana/140115.HTM
マンボウは食べる所が少ないのですが
隣町ではマンボウを利用した創作料理に取り組んでいます。
所変わればやはり獲れる魚もちがいますよねぇw

Windさんへ
尾鷲は海老の種類が意外と多いのですが
地元の人も余り知られていません・・・
昔からの豊富な水揚げの影響か
やはり魚体を食する文化が強いのでしょうか???

翌日、エギングに出掛け一投目のフルキャスト時に
銃弾のような弾ける音と共に元の方から折れました・・・
ちなみに修理代金の見積もりは3万5千円と・・・
修理したらへんというメーカーの意気込みに感謝です・・・
by:竹美 | URL | #-【2007/04/27 18:45】 [ 編集] | page top↑
----
オニ海老って初めて聞きましたとです。やっぱり顔が怖いから鬼って言うとでしょうか?
それと、
トンボを食べるとですか?・・・・ばってん、
海老と同じ種類のように書いてあるから海の生き物ですとよね。
うち、マンボウって食べたことなかです。

いろいろと珍しかもんがあるとですねえ~~~
by:makoyanさん | URL | #-【2007/04/26 12:49】 [ 編集] | page top↑
----
またまたお邪魔したくなる記事ですね~☆
マンボウはいまだかつて食しておりません。
是非食べてみたい!
えびもすごく子をもっているじゃないですか!

あっ、それと。
ロッドの傷?無事でした?
それとも。。。(^^;)
by:wind | URL | #K47MgfVQ【2007/04/26 11:48】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。