スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
エギング仲間とアオリイカ釣り 杉原正浩氏と某所にて
今日は名張在住のエギング仲間が尾鷲に釣行するとの事で私も下見に当たりの出そうな所を探すが今一つである。お昼過ぎにエギング仲間の湯浅君達が到着し今日の予定を打ち合わせ、夕方火力発電所の堤防に行く事になり、とりあえず湯浅君達は隣町の九鬼に出掛けて行った。夕方私も師匠の大谷氏と一緒に中川の河口に待ち合わせ湯浅君達の帰りを待った。湯浅君達のメンバーは湯浅君の師匠である杉原正浩氏と湯浅君と稲田君の3名である。しばらくして湯浅君達が九鬼から戻ってきた。釣果を聞くと杉原氏が800gを1杯との事。見えているイカはいるが反応が無いそうでした。メンバーも揃い、いざ火力へ向かう。皆さん各々自分の好みのポイントに散らばって始める。私と大谷師匠は堤防に場所を決め攻めてみる。私に早速アタリが来た!!心躍らせながら寄せにかかるが全然引きが無い??何だ?タコか?と思いながら落胆しながら寄せてみると手の平位のアオリイカである・・・今までのアオリ釣果の中で最小である。完璧リリースサイズである・・・すぐに周りにいないか
探ってみるが当たりは無し・・・。丁度湯浅君がこちらに来たのでテトラに行ってみる事にした。テトラで杉原氏が見えイカを見つけたらしく攻めているが反応がないらしい。私は杉原氏と雑談をし堤防に戻ってみると師匠の足元にアオリイカが転がっているではないか!!やられた・・・全員で堤防周辺を探るが反応が無く日も沈みかけて来たので帰る事になった。湯浅君達を連れて店に戻りお風呂で疲れを取って頂き大谷師匠のイカを刺身と塩焼き、バター焼きにし、酒の肴としてみんなでおいしく頂きました。遠征先での出来事やエギングについて色々お話しして頂き勉強になりました。明日は船で釣行するとの事で頑張って大物をゲットして欲しいものです。


下の写真が杉原氏
20050508120409.jpg

下の写真が湯浅君
20050508120435.jpg

下の写真手前が大谷師匠、その向こうが稲田君
20050508120450.jpg

スポンサーサイト
【2005/04/23 23:33 】 | エギング仲間とアオリイカ釣り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
GWの出来事 | ホーム | エギング仲間とアオリイカ釣り  最近肘が・・・
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。